CentOS7 IPアドレス、デフォルトルート、DNSの変更

CentOS7 IPアドレス、デフォルトルート、DNSの変更

CentOS7のIPアドレス変更方法

■デバイスの確認
変更対象インターフェースが接続済みであることを確認

$ nmcli d
DEVICE TYPE STATE CONNECTION
ens191 ethernet 接続済み ens191
lo loopback 管理無し —

※接続済み以外の場合
VMwareの場合は、設定を確認し、
インターフェースのDown、UPをコマンドで実行してみる。

nmcli d disconnect ens191
nmcli d connect ens191

■設定確認
nmcli d show ens191

■ネットワーク設定ファイル変更前
sudo vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens191

TYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
BOOTPROTO=dhcp
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=ens191
UUID=ff2e8fa7-cd22-4b9f-ae40-d8b9cf7cd2cd
DEVICE=ens191
ONBOOT=yes
ZONE=public
~

■IPアドレスを変更
nmcli c modify ens191 ipv4.addresses 192.168.0.1/24

■デフォルトゲートウェイ
nmcli c modify ens191 ipv4.gateway 192.168.0.254

■DNS設定
nmcli c modify ens191 ipv4.dns 8.8.8.8

■固定設定に変更(デフォルトはDHCP)
nmcli c modify ens191 ipv4.method manual

■インターフェースを再起動して、設定を反映
※ネットワークの設定自体を再起動すると、対象のインターフェース以外にも影響が出るので、
 対象インターフェースのDown、UPで設定を反映させる。
nmcli c down ens191
nmcli c up ens191

■設定確認
nmcli d show ens191

■ネットワーク設定ファイル変更後
sudo vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens191
“/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens191” 19L, 346CTYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
BOOTPROTO=none
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=ens191
UUID=ff2e8fa7-cd22-4b9f-ae40-d8b9cf7cd2cd
DEVICE=ens191
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.0.1/24
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.0.254
DNS1=8.8.8.8

関係ないけどこれから毎日30日連続で投稿できたら、3万円くらいのご褒美を買うと決めた。

ネットワークカテゴリの最新記事