ネットワーク

IPv4 over IPv6 回線まとめ Ds-Lite Map-E 固定IPv4

インターネット回線で、最近はPPPOEではなくIPOE接続があたり前になりつつある。

ただIPOE接続は、IPv6での接続となるので、IPv4しか対応していないサイトにはアクセスができなくなるなど不都合が出る場合がある。

そこで、IPOE接続した後、IPv4をIPv6でカプセル化するIPv4 Over IPv6という技術があるが、プロバイダのサービスの規格が色々あり、

どれを選んだらいいか分からなかったので、調べて纏めてみた。

種類としては、DS-LITE、MAP-E、IPIP(クロスパス)、IPIP(transix)がある模様。

詳細は後程記載するとして、回線選択としては、以下のようになる。

VPN接続や、Webサーバを立てるなど、固定IPv4グローバルアドレスが必要な場合は、

IPIP(クロスパス)、IPIP(transix)

固定IPv4グローバルアドレスが必要でなく、ポート開放も必要ない場合は、

DS-LITE

固定IPv4グローバルアドレスが必要でなく、ポート開放が必要な場合は、

MAP-E

となる。

ただしMAP-Eのポート開放については、プロバイダより割り当てられたポートしか使用できない為、用途は制限される。

WEBサーバで使う80番や443番などの主要なポートは使用できない。

 

DS-LITE

プロバイダ側でNATを行う方式。

プロバイダ側でNATを行うため、ポート開放は行えない。

MAP-E

ユーザ側のルータでNATを行う方式。

ユーザ側でNATを行っているので、ユーザ側のルータでポート開放が行えるが、割当てられたポートしか選択できないので、

主要な80番、443番などのポート開放は行えない。

ポート開放であれば、どのポートでもよいのであれば、ポート開放として使用できる。

IPIP(クロスパス)、IPIP(transix)

行っていることは同じで、提供している会社が違うだけのイメージ。

各ユーザで固定のIPv4アドレスが使用できるので、PPPOE+固定IPv4サービスと同様に扱える。

-ネットワーク

© 2021 プログラミングで遊ぶ! Powered by AFFINGER5