さくらのVPS-Ruby on Railsでテキスト入力・表示アプリ2(編集・削除)

NO IMAGE

前回で入力したテキストを一覧表示することができた。
今回は、一覧表示したものを編集したり、削除したりできるようにする。

やること

1.編集機能の追加
2.削除機能の追加

1.編集機能の追加

Routerの確認

# rails routes
     Prefix Verb   URI Pattern                 Controller#Action
       root GET    /                           textins#index
    textins GET    /textins(.:format)          textins#index
            POST   /textins(.:format)          textins#create
 new_textin GET    /textins/new(.:format)      textins#new
edit_textin GET    /textins/:id/edit(.:format) textins#edit
     textin GET    /textins/:id(.:format)      textins#show
            PATCH  /textins/:id(.:format)      textins#update
            PUT    /textins/:id(.:format)      textins#update
            DELETE /textins/:id(.:format)      textins#destroy

対象は、

edit_textin GET    /textins/:id/edit(.:format) textins#edit

Controller(edit)の設定

# vim app/controllers/textins_controller.rb
  def edit
  end

の部分を

  def edit
    @textin = Textin.find(params[:id])
  end

へ更新

Viewの作成

# touch app/views/textins/edit.html.erb
< h1> id: < %= @textin.id %>  text edit< /h1> 

< %= form_for(@textin) do |f| %> 
  < %= f.label :content, 'text' %> 
  < %= f.text_field :content %> 

  < %= f.submit 'submit' %> 
< % end %> 

< %= link_to 'TOP', textins_path %>

画面を見てみる
http://サーバのアドレス:3000/textins/1/edit
編集画面が表示された。

次にsubmitをクリックすると修正を実行し、トップページへ戻るようにする。
コントローラの編集

  def update
  end

の部分を

  def update
    @textin = Textin.find(params[:id])
    @textin.update(textin_params)
    redirect_to :root
  end

へ更新

次に、今のままだと、どこからも編集画面に行けないので、トップ画面から編集画面へ行けるようにトップ画面にリンクをつける。

Viewの編集

# vim app/views/textins/index.html.erb
< h1> TEST TEXT< /h1> 

< ul> 
  < % @textins.each do |textin| %> 
    < li> < %= textin.content %> < /li> 
   < %= link_to 'edit', edit_textin_path(textin.id)%> 
  < % end %> 
< /ul> 
< %= link_to 'link to text new', new_textin_path %>

太字の< %= link_to ‘edit’, edit_textin_path(textin.id)%> を追加

画面を確認してみる。
editへのリンクが表示された。

編集画面が表示された。
rails text new を rails text edit に修正し、submitをクリックする。

ちゃんと修正されていました。

次は削除できるようにする

2.削除機能の追加

Routerの確認

# rails routes
     Prefix Verb   URI Pattern                 Controller#Action
       root GET    /                           textins#index
    textins GET    /textins(.:format)          textins#index
            POST   /textins(.:format)          textins#create
 new_textin GET    /textins/new(.:format)      textins#new
edit_textin GET    /textins/:id/edit(.:format) textins#edit
     textin GET    /textins/:id(.:format)      textins#show
            PATCH  /textins/:id(.:format)      textins#update
            PUT    /textins/:id(.:format)      textins#update
            DELETE /textins/:id(.:format)      textins#destroy

削除の対象ルートは

DELETE /textins/:id(.:format)      textins#destroy

コントローラの設定

# vim app/controllers/textins_controller.rb
  def destroy
  end

の部分を

  def destroy
    Textin.find(params[:id]).destroy
    redirect_to :root
  end

へ変更

VIEWの設定
トップページに各テキストごとの削除ボタンをつける

# vim app/views/textins/index.html.erb
< ul> 
  < % @textins.each do |textin| %> 
    < li> < %= textin.content %> < /li> 
    < %= link_to 'edit', edit_textin_path(textin.id) %> 
    < %= link_to 'delete', textin, method: :delete, data: { confirm: 'really?'} %> 
  < % end %> 
< /ul> 
< %= link_to 'link to text new', new_textin_path %>

太字部分を追加
ブラウザで画面を確認

deleteできるようになった。

見た目はあれですが、これで機能的にはtodoリストのようなあアプリが出来上がった。
次は見た目をなんとかしたいと思う。

未分類カテゴリの最新記事