Python

Python Tips

割り算で答えを整数にする。

>>> 50//24
2
普通に割り算すると
>>> 50/24
2.0833333333333335

if文のサンプル

>>> N = int(input())   標準入力より代入
9
>>> if 1 <= N <= 9:
...   print("10より小さい")
... elif 10 <= N <= 99:
...   print("100より小さい")
... else:
...   print("100以上")
...
10より小さい
>>>

文字の分割

split()により、空白で文字列を分割する。

>>> A="abc def"
>>> A.split()
['abc', 'def']
>>>

分割する文字を指定できる。

split(".")のようにカッコ内に分割させる文字を入れる。

>>> A="ringo.grira.rappa"
>>> A.split(".")
['ringo', 'grira', 'rappa']
>>>

配列を複数の変数に一気に代入

>>> a,b,c=["aaa","bbb","ccc"]
>>> a
'aaa'
>>> b
'bbb'
>>> c
'ccc'
>>>

文字列に変数を埋め込む

f' 文字列{変数}' 

文字列の中で{変数}と指定すると、変数を展開できる。

>>> a,b=["abc","cdf"]
>>> a
>>> a="山田"
>>> b="太郎"
>>> M=f'私の名前は{a} {b}です。'
>>> print(M)
私の名前は山田 太郎です。
>>>

文字列から指定した場所の抜き出し(スライス)

最初の文字を0として、配列の要素として指定できる。

>>> s="megane"
>>> s[0]
'm'
>>> s[1:2] ※2まで(2は含まれない)
'e'
>>> s[1:3]
'eg'
>>>

数字の文字列を数値にする

>>> m="1111"
>>> m
'1111'
>>> int(m)
1111
>>>

逆に数字を文字列にできる

>>> s=2222
>>> s
2222
>>> str(s)
'2222'
>>>

要素すべてに対して、関数の処理を纏めて行う

map関数を使う。

たとえば、文字列のリスト["2","3","4"]の要素すべてを
数値に直したい場合、

>>> list(map(int,["2","3","4"]))
[2, 3, 4]
>>>

とすると
リストの要素がすべて数値になる(すべての要素にint関数を実行している)

lambda を使えば、関数を作って、その関数を要素すべてに実行できる

※要素を2倍にする。
>>> c=[0, 1, 2, 3, 4]
>>> d=map(lambda x: x*2,c)
>>> list(d)
[0, 2, 4, 6, 8]

文字列の文字数を数える

>>> len("abcdefgh")
8
>>>

文字列の中の特定の文字の数を数える

>>> a="aaabbbbccccc"
>>> a.count("a")
3
>>> a.count("b")
4
>>> a.count("c")
5
>>>

-Python