未分類

iperf3の使い方

インストール

ダウンロードサイト

https://iperf.fr/iperf-download.php

Download iPerf for Windows をクリック

最新のものをクリック

ダウンロードファイル(iperf-3.1.3-win64.zip)を解凍する。

コマンドプロンプトを起動し、先ほど解凍したフォルダに移動する。

ここでは、C直下に保存している。

これで準備OK。

対向で試験するため、もう一台も同じく準備しておく

試験構成

計測

サーバ側の実行

iperf3.exe -s を実行

「Server listening on 5201」と表示されればOK。

デフォルトだと5201だが、-pオプションで 指定のポートで起動できる。

クライアント側の実行

>iperf3.exe -c 192.168.1.200 を実行

デフォルトで、TCPで計測結果が表示される。

TCPでのオプション

--get-server-output  サーバ側の出力結果もクライアント側に表示
-n 10M指定した容量で計測する。 10Mと指定すれば,10Mbyte流した結果を測定する。1Gとすれば1Gbyteとなる
-i 30指定した間隔(秒)で測定結果を表示させる。サーバ側でも指定できる。 デフォルトは1秒

サーバ側でも計測結果が表示されている。

UDPで確認。

iperf3 -c 192.168.0.200 --get-server-output -u -b 10M

・オプション説明

--get-server-output  サーバ側の出力結果もクライアント側に表示
-uUDPで計測
-b 10M10Mbps制限で計測する。指定しない場合は1Mbpsで計測

サーバ側の結果も「Server output」として表示される。

Bandwidthを見ても最大10Mbpsで計測している模様

なお、Linuxのiperfだと、以下のようにnohup、と& と一緒に実行するとバックグラウンドで実行できる。

nohup iperf3.exe -c 1.1.1.1 -n 10M -i 30 --get-server-output > test.txt &

バックグラウンドで動かして、出力結果をカレントディレクトリの test.txt へ保存させている。

-未分類