Nginx + Rails でhttpsアクセスする。

Nginx + Rails でhttpsアクセスする。

Rails+Nginxでアプリケーションが動いていることを前提に
さくらのVPSのサーバ(CentOS7)にSSL証明書を導入する。
Nginxの構築方法はこちらに記載しています

導入するとRailsに、https://・・・でアクセスできるようになる。
httpとhttpsの違いは、httpsはパソコンとサーバ間の通信を暗号化する。
httpは暗号化していないので、通信途中を傍受されると中身が見られる。
なかなか難しいけど、Chromeがhttpだと「保護されていません」とアドレス入力欄に出すようになったので、httpsでアクセスできるようにしていたほうがいい。

通常、httpsで使う証明書は有料で、証明書を作ってもらうのにお金が必要だったけど、
Let’s Encryptという無料で発行してくれるところができたので、無料でもhttpsでアクセスできるようになった。
ちなみに、証明書にも、よりセキュリティが高い、信頼性の高いものがあって、それは結構高額
大きな企業は別として、個人サイトなら、Let’s Encryptで十分。

参考)SSL証明書の価格(さくらインターネット)

環境
■OS
# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.5.1804 (Core)

それでは設定していく

certbot-auto のセットアップと証明書の自動生成

「certbot-auto」は Let’s Encrypt が提供しているツールでこれを使えば簡単にhttps化ができる。

# curl https://dl.eff.org/certbot-auto -o /usr/bin/certbot-auto
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 62299  100 62299    0     0   185k      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--  184k

# chmod 700 /usr/bin/certbot-auto

証明書の生成

# certbot-auto certonly --webroot -w /home/test-app/test/public -d test.com --email test@gmail.com

・
Is this ok [y/d/N]: y			y押してエンター	
				
(A)gree/(C)ancel: A			Aを押して同意	
・
・
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -			
Would you be willing to share your email address with the Electronic Frontier			
Foundation, a founding partner of the Let's Encrypt project and the non-profit			
organization that develops Certbot? We'd like to send you email about our work			
encrypting the web, EFF news, campaigns, and ways to support digital freedom.			
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -			
(Y)es/(N)o: Y			メールを届けてよいか Yを選択
・
・
IMPORTANT NOTES:
 - Congratulations! Your certificate and chain have been saved at:
   /etc/letsencrypt/live/test.com/fullchain.pem
   Your key file has been saved at:
   /etc/letsencrypt/live/test.com/privkey.pem
   Your cert will expire on 2018-11-18. To obtain a new or tweaked
   version of this certificate in the future, simply run certbot-auto
   again. To non-interactively renew *all* of your certificates, run
   "certbot-auto renew"
 - Your account credentials have been saved in your Certbot
   configuration directory at /etc/letsencrypt. You should make a
   secure backup of this folder now. This configuration directory will
   also contain certificates and private keys obtained by Certbot so
   making regular backups of this folder is ideal.
 - If you like Certbot, please consider supporting our work by:

   Donating to ISRG / Let's Encrypt:   https://letsencrypt.org/donate
   Donating to EFF:                    https://eff.org/donate-le

IMPORTANT NOTES:が出ていたら完了
証明書に関連したファイルが自動生成され、/etc/letsencript 以下のディレクトリに保存される。

このコマンドで各ファイルを確認できる

# ls -l /etc/letsencrypt/live/test.com/

Nginx の SSL 対応設定

新しく /etc/nginx/conf.d/ssl.confを作成して内容は以下にする。
ドメインtest.comの場合

server {
listen 443 ssl;
server_name test.com;
ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/test.com/cert.pem;
ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/test.com/privkey.pem;
root /home/test-app/test/public;
access_log /var/log/nginx/ssl-access.log? main;

  #「/~」以下のリクエストに対する設定
  location / {
    #指定されたパスが存在すれば、そのファイルを応答
    #存在しない場合には、Railsアプリとして@testにリダイレクト
    try_files $uri @test;
  }
  
  #名前付きロケーション(@test)でリダイレクトを受け付け
  location @test {
    #ヘッダー情報を定義
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header Host $http_host;
    #test(サーバグループ)に転送
    proxy_pass http://test;
  }
  
  #エラーページの設定
  error_page 500 502 503 504 /500.html;
}

すでに作成済みのアプリ名.confに青マーク部分追記、location設定部分を削除
今回ではtest.conf

・
  server_name test.com;
  root /home/app/test/public;
  return  301 https://test.com$request_uri;

証明書の自動更新設定(3ヶ月ごとに自動更新する)

# crontab -e
crontab: installing new crontab
以下追記
50 3 * * 0 certbot-auto renew --post-hook "systemctl restart nginx" 1 > /dev/null 2 > /dev/null

証明書の有効期限の確認

# openssl x509 -in /etc/letsencrypt/live/test.com/cert.pem -noout -dates
notBefore=Aug 20 04:12:18 2018 GMT
notAfter=Nov 18 04:12:18 2018 GMT

強制的に有効期限を更新する(実際にちゃんと証明書が更新しているか確認するため)

certbot-auto renew --force-renew --post-hook "systemctl restart nginx"

証明書の有効期限を再確認してみると更新されている

# openssl x509 -in /etc/letsencrypt/live/test.com/cert.pem -noout -dates
notBefore=Aug 20 06:37:27 2018 GMT
notAfter=Nov 18 06:37:27 2018 GMT

ファイルを確認すると、ファイル名に2がついてる。

# ls -l /etc/letsencrypt/live/test.com/
total 4
-rw-r--r-- 1 root root 682 Aug 20 14:12 README
lrwxrwxrwx 1 root root  36 Aug 20 16:37 cert.pem -> ../../archive/test.com/cert2.pem
lrwxrwxrwx 1 root root  37 Aug 20 16:37 chain.pem -> ../../archive/test.com/chain2.pem
lrwxrwxrwx 1 root root  41 Aug 20 16:37 fullchain.pem -> ../../archive/test.com/fullchain2.pem
lrwxrwxrwx 1 root root  39 Aug 20 16:37 privkey.pem -> ../../archive/test.com/privkey2.pem

以上でhttpsでアクセスできたー

Linuxカテゴリの最新記事